2011年12月05日

到着まで一週間延長のお知らせ(七回目B)


6l_charB1082_nikki24.jpg

「こんな日に旅人さんとはちょうどいい、さぁこれをどうぞ」
「わぁい、ありがとうございます!」

キータはついにスティルフの街に辿り着いたのです。

おりしも今日は年に一回の春菊祭りの開催日、スティルフの住人
はこぞって祭りに浮かれ、通りには春菊が溢れていました。

「春菊は平穏をもたらす花としてこの街で愛されているのです」

スティルフの街のえらい人がヒゲを揺らして説明してくれます。

「わぁ、素晴らしいですね!」

春菊を両手いっぱいに貰ってキータは大喜びです。

「もうすぐ大通りに春菊神輿が出ますから見ていらしてください。
それが終わったら広場で春菊音頭を踊る予定ですよ」
「は、はいっ! ぜひとも参加します! させてください!!」

笑顔で溢れるスティルフに春菊が舞う光景は夢のようでした。


―――――――――――――――――――<本文続き>―――――――――――――――――



――――もちろん夢でした。

「わーい……しゅんぎくみこしー、わたしもかつぎます〜……」
「………………ん」

6l_charB1082_nikki25.jpg

ティルフの街まではあと少しですが、なかなか辿り着きません。

だらしなく笑ってるキータをズルズルと引きずってあげながら、
ひたすらもくもくと足を運ぶ腐乱さんなのでした。


posted by りの at 01:18| Comment(0) | キータの日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: