2012年07月03日

キータのあとがき2/4



ユーグレさん

はじめて遭遇したイケメンにしてキータの憧れの吟遊詩人さん。
最初は武器作りのお客様として知り合って、メッセのやりとりをはじめた頃は
とてもイケメンな雰囲気だったのに、いつの間にか立派なネタキャラに・・・。
キータは文通してたのでずっとイケメンのままのユーグレさんを見てましたよ?



カメーリエに入学してご本人に会うこともできたけど、
学園では当分の間、イケメンなユーグレさんを慕ってついて回る予定でした。



せんぷーさん

妖精を探す少年剣士さんにして、魔法学校カメーリエにおけるキータの先輩。
「一つ年上だ! 先輩だ先輩!!」ということでメッセのやりとりを開始させて
頂いて、やっと先輩と読んだその瞬間六命終了のお知らせが!(泣)



カメーリエに入学して正式に学校活動始めたら、
いろいろ催しに参加するときに話に絡ませてもらおうとwktkしておりました。



八木さん

稀代の剣術家にして運命に翻弄される不幸なお方。
この方に日本刀を作る話が、キータの日記で一番鍛冶職人らしくて好きでした。
それから本格的に刀を使うキャラになろうと伏線を張ってたのですが・・・。



何度かメッセで手紙のやりとりを行って、剣術を学びたいとお願いした、
その時に八木さんがセルフォリーフから大脱出してしまうという悲しすぎる展開!
しかしそれどころか六命そのものが終了しちゃったという・・・。
刀の師匠になってもらいたかったのですが、幻の師匠になってしまいました。



エイザさん

セルフォリーフの小国の王子様にして気さくな優しいお兄さん。
キャラクターズリンクでクリスマスの話を書いた後、交流をさせていただきました。
相談に乗ってくれる常識人として、チョコ作りの話で手伝って貰ったり。



村人として国に搾取される側だったキータは『国のえらいひと』には反感を感じる
部分があったので、その辺りを話す機会があったら楽しそうと思ってました。
国を治める人間というものをキータは知らなかったのです。



パナドさん

六命界で知らぬものなき不滅のアイドルさん。
ラジオでお会いしたときにお願いしたら、本当にメッセ送ってきてくれて感動。
それからちょっと途切れたりしながらもちまちまと交流を続けさせてました。



キータはパナドさんに一度接近された時、男性への恐怖感を抱いてました。
その辺はつまりパナドさんに男性的なものを感じてるという事でして、そのうちに
村で相手がいなかった(村は同年代の人間は限られるので競争率が高い)という
悩みを打ち明けたいなーとか思ってました。


posted by りの at 22:25| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: